オペアンプ交換方法

1.ついているオペアンプを外す

はじめに必ず電源を切ってください。付属の工具を使い、ソケットに差し込まれているオペアンプを挟み込み、上に引き抜きます。

2.オペアンプの向きを確認する

オペアンプとソケットには向きがあります。切掛けや丸印のある位置を確認してください。

3.オペアンプを差し込む

A10やOpaKitのソケットの切掛けと、オペアンプの切掛け、丸印を合わせるように差し込んでください。その際にオペアンプの足を曲げないように注意してください。

3-1.OpakitをA10に差し込む

U1/U2には差し込み順序があります。U2を先に差し込んでください。

4.動作を確認する

向きがあっているかどうか確かめてから、何もつながずに電源を入れます。イヤホンを挿す前に、オペアンプを触ってみて、異常に熱くなっていないかどうか確認することをお勧めします。

対応しているオペアンプ

オペアンプと一口に言っても様々なスペックを持ったものが存在します。注意点は以下のとおりです。

  • 2回路はA10に直接、1回路はOpaKitを介して使う必要があります。
  • 電源電圧が±15V、外部電源PS10の±18V設定を使う際は±18Vに対応している必要があります

ただし、上記を満たしていても、ものによってはポップノイズなどが大きく出てしまうオペアンプもあります。弊社で動作を確認したオペアンプは近日公開予定です。

aroma-audio.jp since 2015-10-21 / Copyright 2015 ENZO j-Fi LLC. of TopwingCybersoundGruop All Rights Reserved.